NEWS & TOPICS

日経ウーマノミクスフォーラムシンポジウム「ダイバーシティ研究環境整備と女性研究者の未来」が開催されます

<このイベントは終了しました>
報告記事はこちら

2018年8月31日(金)、日経ウーマノミクス・プロジェクト実行委員会が主催するシンポジウム『ダイバーシティ研究環境整備と女性研究者の未来』が開催されます。大阪大学は協力校としてこのシンポジウムに参加いたします。

基調講演では、本年2月よりクロスアポイントメントにより大阪大学大学院工学研究科 特任教授(常勤)に就任した、サントリーグローバルイノベーションセンター㈱主幹研究員の福井祐子氏が「女性研究者としてのキャリアの築き方」を語ります。
続いて行われるパネルディスカッションⅠでは、大阪大学大学院医学系研究科の江副幸子特任教授(常勤)がパネリストとして登壇、「日本の科学技術とダイバーシティ」について議論します。
また高校生向け「理系の学び」ミニセミナーは、大阪大学接合科学研究所 梅田純子准教授(大阪大学男女協働推進センター女性リーダー・次世代育成部門長)が担当します。

なおパネルディスカッションⅡには、本事業の協力機関でもあるサラヤ㈱から商品開発本部バイオケミカル研究所 開発部MDRG部長の川向恵美子氏が、Ⅲには塩野義製薬㈱から研究企画統括室戦略企画サブグループ長の小山美紀子氏がそれぞれパネリストとして参加されます。

 

日経ウーマノミクスフォーラムシンポジウム   『ダイバーシティ研究環境整備と女性研究者の未来』
[日時] 2018年8月31日(金)10:00~17:00
[会場] グランキューブ大阪(大阪府立国際会議場) 3階イベントホール

日経ウーマノミクスフォーラムシンポジウム ちらし

●参加は無料ですが、事前の申込が必要です。
詳細と参加申込はこちらから。